​歯を抜くしかないと言われた患者さんへ​

一度相談してみませんか。

当院では可能な限り歯を抜かない治療をご提案しております。

​可能な限り歯を抜かない方法

IMG_7231.jpeg

​精密歯科診療

 マイクロスコープを用いた精密な歯科診療を行なっております。

 全国の歯科医院でわずか2%しか普及していない診療機器です。肉眼では見えない細かい部分まで把握し治療することが可能なため、歯を抜かずに保存することが可能になりました。

歯周組織

再生療法

 炎症や感染が広がると、歯を支える骨が溶けてしまい、いずれ歯が抜けてしまいます。

 歯周組織再生療法は、病的になくなった歯茎や歯をさえる骨を復活させる方法です。現代の医療ではお若い時と同じような100%の状態に戻すことは困難です。しかし、歯を抜かずに保存するという観点から非常に有効な治療法なのは間違いありません。

​ さまざま薬剤や材料を用いて歯を抜かずに保存することが可能になりました。

​ 当院で、科学的根拠に基づき成功率の高い材料や手術法を用いています。

​歯肉弁根尖側

移動術

 ​虫歯が大きくなり、歯が根っこしかない状況になると、被せがよく外れる、歯茎から出血が止まらない、被せを入れたもののお手入れができないなどの症状がでてくることがあります。

 通常、歯が根っこの状態になると抜歯となります。無理やり残すことも可能ですが、抜歯となるのも時間の問題です。

 当院では、さまざまな治療を用いることによって、適切なかみ合わせ、清掃しやすい環境、審美的な見た目を確保できるように行っています。

 当院で、科学的根拠に基づき成功率の高い材料や手術法を用いています。

上記治療を用いて100%歯を残すことが

可能というわけではございません​。

医学的に保存不可能な場合もあります。

その際は別の治療法をご提示するので、ご安心ください。